教材・講座のご案内

独立してスタジオを契約するときに「やったいけないこと」

こんにちは。
相良です。

最近メルマガ登録してくれる人
結構増えてい嬉しい限りです。

記事を読んで「おもしろいな」「ちょっと学んでみたいな」「一緒に成長していきたい」と少しでも感じた方はメルマガ是非登録してくださいね。

メルマガ登録はこちらから(無料です)

 

今日は、
こんな考え方があるのか!!
という面白い視点を共有したいなと思います。

この視点はビジネスにも活かせますし、
何より普段のセッションや会話にも活かせる
内容なので是非チェックしてくださいね。

 

 

では、早速、
その面白い視点を紹介します。

 

それは、、、

「変わることに理由なんかいらない」

ということです。

 

色々な人の相談に乗っていると、

何か決断するときも、
新たなチャレンジをするときも、
「何か特別な理由がないとダメ!!」
と思い込んでいる人が多いように感じます。

でも本来は、
特別な理由なんかいらなくて、
大きな理由なくやってみたいことや
新しいことにチャレンジしていいし、
怖いことに飛び込んでいいのです。

 

今日はそんな考え方を
より使えるものにしてもらうために
僕がスタジオを契約したときの話をします。

少し長いですが、
色々と参考になると思うのでお付き合いください。

 

僕が今のスタジオを契約したのは、
会社員を辞めて10ヶ月くらいの
確か23歳か24歳のときでした。

収入は業務委託の仕事を入れて、
30万円超えたり超えなかったりで、
少しずつお客さんはついてきているけど、
全く順調といえないときに契約しました。

結婚を考えている彼女(今の奥さん)と同棲しながら、独立して全然うまくいっていない時期によくスタジオを契約したなぁと今でも思います(笑)

 

だけど僕は、
絶対にスタジオ借りた方が
自分の人生はより良くなる気がする
トレーナー人生が面白くなるはず
そんな直感を信じて契約しました。

 

そのとき僕が取った行動は、

  • 借りたいと思った日に不動産に行く
  • 気になる物件はその場で内見の予約を取る
  • ここがいいと思った物件はすぐに仮押さえする
  • 震えながら審査を通してもらう

こんな感じで、
やりたいと思ったことを後回しせず
熱量がある間に決断して行動しました。

 

このときやっちゃいけないのは、

「冷静になって後で考えること」

です。

 

冷静になって考えると、

  • 今はまだいいじゃないか?
  • もう少し落ち着いてからでいいかな?

という「今はまだやらない」選択をして
今まで通りの日常を過ごす未来に行きます。

これが悪いことだとは思いません。

 

ですが、
僕が理想を叶え続けてこれたのは、
何か自分の転機になるような機会に、

「ちょっと怖い選択」
「後からみたら面白いと言える選択」

選び続けてきたからだと確信しています。
(先月も大きな決断しましたw)

今の延長線上の未来って、
想像できるから安心な訳です。

だから、
今の延長線上にない未来を選ぶときって
だいたいは怖いものなんです。

だけど、
人生を大きく変えるのは後者の選択です。

 

少し長くなりましたが、、
本題に戻ります。

僕がスタジオを借りるのに、
「月商50万を超えていたから」
「数多くのお客様を抱えていたら」
そんな理由はなかったのです。

僕が成長することや怖い選択をすることに
「何か特別な理由」はなかったのです。

なんとか家賃を払うことができて、
生活もなんとかできる、
気になる物件がある、
よし、借りてみよう!!!!

ただただ、
こういう理由なんです。

 

もし、この記事をよんでいるあなたが、
自分のビジネスやライフスタイルを
より豊かにしてくれそう機会やチャンスがあれば、
今日の話をぜひ思い出してくださいね。

 

新しいことに何かチャレンジするときも
めちゃくちゃ勇気をくれると思うので、
この考え方を取り入れてみてくださいね!

 

相良

 

追伸1

この記事を最後まで読んでくれた方が、より豊かになれる機会を早速プレゼントしたいと思います。
6月からオンライン教材がかなり手に取りやすくなっておりますのでオンラインで学びたい方は是非。

オンライン教材はこちらから

 

追伸2

半年間の個別コンサル募集しています。こちらはお問合せいただいた方にのみご案内しているので気になる方はインスタグラムからDMくださいね。(詳細はハイライトに!)